お役立ちTIPS

労働時間の適正把握への対処

2019年4月から労働安全衛生法の省令が改正され、管理監督者の労働時間の把握が義務化されることは既にご承知と思います。

参考:労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン
 
整理すると、以下のようになります。

使用者の義務

  • 労働者の労働日ごとの始業・終業時刻を確認し適正に記録

原則的な方法

  • 使用者が、自ら現認することにより確認すること
  • タイムカード、ICカード、パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録を基礎として、確認し適正に記録すること

 
さて、現場へ直行直帰の方の”客観的な記録”はどうしましょうか?
このためだけに何か導入しますか?
 
Conneを使って、始業時に写真を1枚、終業時に写真を1枚アップデートしてもらっては如何でしょうか?
確実に場所と時間が記録されるばかりでなく、工事の進捗報告を兼ねる事もできます。

又、この事は「情報の正確性の担保」にも役立ちませんか?
 
 
 
 
 

関連TIPS 改善のヒント

現場クラウド Conneで情報の客観性・正確性を高めて、かつ現場の見える化を進めていきましょう。
 
 

最大2か月無料でサービスお試し利用ができます。
まずはお気軽にフォームからお問い合わせください!
お申込み 導入相談 資料請求